倉本一宏著「戦争の日本古代史 好太王碑、白村江から刀伊の入寇まで」を読んだよ

 倉本一宏著「戦争の日本古代史 好太王碑、白村江から刀伊の入寇まで」(2017年5月16日、講談社現代新書)を読みましたよ。 

 

 おいらの基礎知識が少なすぎて難しい本でした。

朝鮮半島との関係は古代から難しいものだということはよくわかりました。