WOWOW、「るろうに剣心 京都大火編」「るろうに剣心 伝説の最期編」を観たよ

 WOWOWるろうに剣心 京都大火編」(2014年、大友啓史監督)、るろうに剣心 伝説の最期編」(2014年、大友啓史監督)を観ましたよ。

 

 5作で5時間でひとつの話。

分けちゃうから「京都大火編」は「ここで終わっちゃうの?」という感じだし、「伝説の最期編」の冒頭部分は、ぐっとスローテンポになってしまってなんだか間延びした感じがしました。

ひとつの作品として一気に観たら問題なし、とてもおもしろかった。

 

 原作の漫画も、アニメ版も観てないんだけど、「あぁ、これは原作で出てくる動きなんだろうなぁ」と思われるキャラクターの動きがあって、それが妙におもしろかった。

殺陣もありえへんシーンが実写化されていて、たぶん漫画だとこんなカットだったんだろうなぁ、とか想像してましたw

 

 それと大河ドラマ龍馬伝」のスタッフとキャストだったりするんで、きっと意図的に 同じようにしてるシーンがあって、それもおもしろかった。

船が出てくるシーンとか、そのまんまだったりとかw