髙橋直樹著「五代友厚 蒼海を越えた異端児」を読んだよ

 髙橋直樹著「五代友厚 蒼海を越えた異端児」(2015年9月28日、潮文庫)を読みましたよ。

 

 いやぁ、おもしろかった。

幕末も重要な役割を担っていたんですね。

ワイルドだったんだなぁ。

 

 どこまでがフィクションなのかよくわからないので、もうちょっと違う本も読みたくなってきました。

 

五代友厚――蒼海を越えた異端児 (潮文庫)

五代友厚――蒼海を越えた異端児 (潮文庫)