キトラ古墳の天文図は中国で観測された星の可能性

 奈良県明日香村のキトラ古墳(7世紀末~8世紀初頭)の石室天井に描かれていた天文図は、紀元前1世紀と紀元後4世紀に中国で観測された星がいっしょに描かれている可能性があるんだそうです。

 

キトラ古墳 天文図は数百年前の星空か NHKニュース

<キトラ古墳>天文図は紀元前後中国で観測された星の可能性 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

 

 7世紀末~8世紀初頭に、どれだけ他国との交流があって、どれだけの科学技術が入ってきたんだろうね。

 どうやって移動してきたんだろう。

 天文の知識もかなりあったような気がするし、知れば知るほど昔持っていた古代時代のイメージが変わっていくなぁ。

 

国営飛鳥歴史公園