大阪の本屋発行委員会編『西加奈子と地元の本屋』を読んだよ

 大阪の本屋発行委員会編『西加奈子と地元の本屋』(2014年6月22日、140B)を読みましたよ

 

  大阪の本屋さんの書店員さんらが集まって出来た本書。

本体価格352円のちっちゃなブックレットだけど、けっこうおもしろかった。

 

 メインは西加奈子さんと津村記久子さんの対談。

おもろかったわぁ。

こういう人らが大阪人のハードルを上げてるように思うわw

ちなみに、お二方の作品は読んだことないです(^_^;

 

 書店員らの座談会は、どんな本をおもしろいと思ってるのかがわかった。

 

 それにしても、大阪出身の作家さんってけっこういらっしゃるんですね。

 

西加奈子と地元の本屋

西加奈子と地元の本屋