History

ホームズ生誕130周年ほか

今年はシャーロック・ホームズ生誕130周年なんだってね。 今夜、NHK総合で番組があるんで知りましたわ。 そういえば新本格ミステリは30周年。 歴史的には、明治維新150周年。 資本論も150周年。 ホームズは明治維新や資本論よりも20年も後に生まれたのか。 …

磯田道史著『「司馬遼太郎」で学ぶ日本史』を読んだよ

磯田道史著『「司馬遼太郎」で学ぶ日本史』(2017年5月10日、NHK出版新書 517)を読みましたよ。 司馬遼太郎さんが、日本史をどういう視点でみていたのかがよくわかりました。 たくさん読んだはずなのに、まだまだ読んでいない本も多いなぁ。 「司馬遼太郎」…

フジテレビ「ワイドナショー」で紹介された宮崎駿引退宣言は「創作」

フジテレビ「ワイドナショー」で紹介した宮崎駿引退宣言が、Twitterで投稿した「創作」だったそうです。 「100年に1度の引退の決意」――宮崎駿監督風の“創作ツイート”真に受けて紹介 フジ「ワイドナショー」が謝罪 - ITmedia NEWS フジテレビ、「ワイドナショ…

高田崇史「神の時空 -京の天命ー」を読んだよ

高田崇史「神の時空 -京の天命ー」 (2017年4月5日、講談社ノベルス)を読みましたよ。 この着想をやりたくてファンタジーのシリーズを作ったんじゃないのかなぁと思いました。 神社のことも、祀られている神様のことも、わからないことだらけ。 本当のとこ…

次期学習指導要領の改定案で「鎖国」が消える

小中学校社会科の次期学習指導要領の改定案によると、江戸時代の「鎖国」の表記をやめることになったんだそうです。 小中社会科、「鎖国」消える…次期学習指導要領 (読売新聞) - Yahoo!ニュース 【次期学習指導要領】「鎖国」表記消える 新たに「ムスリム…

渡辺守順著「僧兵盛衰記」を読んだよ

渡辺守順著「僧兵盛衰記」(2017年1月1日、吉川弘文館)を読みましたよ。 中世の話を読んだり観たりすると、僧兵なるものがたびたびでてくるんだけど、どういった存在なのか、なぜ僧侶が武装しているのか、何を争い、誰と戦っているのか、ずっと疑問に思って…

NHK、大河ドラマ「おんな城主 直虎」第一回を観たよ

NHK、大河ドラマ「おんな城主 直虎」がはじまりましたね。 事前の紹介番組などを観ても、どこに直虎という人物に魅力があるのか、いまいちピンとこないんだけど、ほんとにおもしろくなるのかな。 去年はなんだかんだと思いながらも全部観たけど、今年はどう…

高田崇史著「QED ~flumen~月夜見」を読んだよ

高田崇史著「QED ~flumen~月夜見」(2016月11年8日、講談社ノベルス)を読みましたよ。 シリーズ完結と言われていたので、「flumen」と外伝っぽいけど、新作がでたことがうれしい。 が、「伊勢」の話をすっかり忘れていて大変w 難しかったなぁ。 なんで昔の…

井伊直虎は男性だったかも

井伊直虎は男性だったとする新たな見解がでてきたんだそうです。 「井伊直虎」別の男性が名乗った名前か 新たな見解 | NHKニュース <井伊直虎>男だったかも 京都の美術館で新史料発見 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース 来年の大河ドラマの主人公、井伊直虎を…

葛飾北斎が描いた西洋画

オランダの博物館が所蔵している作者不明の作品が、葛飾北斎が描いた西洋画だったんだそうです。 葛飾北斎の新たな絵画か オランダの博物館が所蔵 | NHKニュース 葛飾北斎の作品と判明。オランダの博物館員「西洋人が描いたと思っていた」(画像) オランダ…

2018年大河ドラマは、「西郷(せご)どん」

2018年の大河ドラマは、「西郷(せご)どん」に決まったんだそうです。 西郷隆盛が主人公で、原作は林真理子さんの「西郷どん!」、脚本は中園ミホさんだそうです。 再来年の大河ドラマは「西郷どん」 | NHKニュース 18年NHK大河は「西郷(せご)どん」主…

中国で5000年前のビールの痕跡が発見される

中国で5000年前のビールの痕跡が発見されたそうです。 5000年前のビール、出土の陶器から痕跡発見 中国 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News ビールの歴史って古いんですね。

最近見ないと思ったら・・・

雑誌「歴史読本」2015年秋で休刊になってたんですね・・・。 中経出版「歴史読本」 59年の歴史に幕を下ろす - ねとらぼ 別冊みたいなのが売っていて、それで出版社が変わっていたのにも気づいたという。 良い雑誌だったと思ってたんだけどなぁ。

成田龍一著「近現代日本史と歴史学 書き替えられてきた過去」を読んだよ

成田龍一著「近現代日本史と歴史学 書き替えられてきた過去」(2012年2月25日、中公新書)を読みましたよ。 明治維新から現代にいたる近現代日本史の歴史学の学史。 5年前の震災のときから思っているのは、日本史には自然史が考慮されていない、ということ。…

織田作之助著「五代友厚」を読んだよ

織田作之助著「五代友厚」(2016年1月30日、河出文庫)を読みましたよ。 織田作之助さんの本を読むのははじめて。 夫婦善哉の著者ぐらいの知識しかなくって、どうして著者が五代友厚のことを書いてるのか疑問に思っていたんだけど、いやぁ、ほんとに著者は五…

3000年前の指紋、5000年前のドレス

古代エジプトの棺のふたに、3000年前の職人のものと思われる指紋がついていると発表されたそうです。 CNN.co.jp : 古代エジプトの棺に3000年前の指紋 英研究チームが公表 また、エジプトの墓地でみつかっていたドレスは、新たな分析により5000年以上前の…

山田康弘著「つくられた縄文時代 日本文化の原像を探る」を読んだよ

山田康弘著「つくられた縄文時代 日本文化の原像を探る」(2015年11月25日、新潮選書)を読みましたよ。 序盤がとくにおもしろかった。 縄文と弥生を区分する根拠はあんまりないのかな。 つくられた縄文時代: 日本文化の原像を探る (新潮選書) 作者: 山田康…

「きよしこの夜」はオーストリア生まれ

クリスマス・ソングの定番「きよしこの夜」は、 1818年12月25日、オーストリアのオーベルンドルフの聖ニコラウス教会で初演されたんだそうで、もともとはドイツ語の歌詞で、タイトルも「Stille Nacht」というんだそうです。 動画:「きよしこの夜」村の歌か…

髙橋直樹著「五代友厚 蒼海を越えた異端児」を読んだよ

髙橋直樹著「五代友厚 蒼海を越えた異端児」(2015年9月28日、潮文庫)を読みましたよ。 いやぁ、おもしろかった。 幕末も重要な役割を担っていたんですね。 ワイルドだったんだなぁ。 どこまでがフィクションなのかよくわからないので、もうちょっと違う本…

井上潤著「渋沢栄一 近代日本社会の創造者」を読んだよ

井上潤著「渋沢栄一 近代日本社会の創造者」(2012年3月20日、山川出版社、日本史リブレット人085)を読みましたよ。 教科書に載ってたし名前は知ってたけど、いまいちどんな人だったのかわからなかったので、「あさが来た」原案本に触発されて読んでみまし…

フリーメイソンの1733年から1923年までの会員記録が公開される

フリーメイソン(Freemason)の1733年から1923年まで190年分の会員記録、200万人の名簿がインターネット上で公開されたんだそうです。 フリーメイソン190年分の名簿をネット公開 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News 意外と名簿がきっちりしてる組織なんですね…

磯田道史著「歴史の愉しみ方 忍者・合戦・幕末史に学ぶ」を読んだよ

磯田道史著「歴史の愉しみ方 忍者・合戦・幕末史に学ぶ」(2012年10月25日、中公新書)を読みましたよ。 古文書が読めるとこんなにいろいろわかるんだなぁと思いました。 古文書など実物を見て歴史を知るということが、おもしろおかしく書かれていて、ちょっ…

2017年大河ドラマ「おんな城主 直虎」、主演は柴咲コウさん

2017年大河ドラマは「おんな城主 直虎」で、主演は柴咲コウさんと決まったそうです。 再来年の大河ドラマは「おんな城主 直虎」 NHKニュース 柴咲コウが女城主で17年大河初主演「正直驚き」 - ドラマ : 日刊スポーツ 柴咲コウさん主演!平成29年度 大河ドラ…

映画「日本のいちばん長い日」(1967年版)を観たよ

録画したままになっていた、日本映画専門チャンネル、映画「日本のいちばん長い日」(岡本喜八監督、1967年)を観ましたよ。 出演されている方々が、いわゆる名優と呼ばれるような方々で、とても贅沢な、いや当時の映画界の勢いみたいなのを感じる映画でした…

戦後70年に思う

最近、1952年(昭和27年)4月28日に発効された、吉田内閣時代のいわゆる旧安保条約の前文を読んでびっくりしました。 サンフランシスコ平和条約(日本との平和条約) - 東京大学東洋文化研究所 日米安全保障条約(旧)(日本国とアメリカ合衆国との間の安全…

キトラ古墳の天文図は中国で観測された星の可能性

奈良県明日香村のキトラ古墳(7世紀末~8世紀初頭)の石室天井に描かれていた天文図は、紀元前1世紀と紀元後4世紀に中国で観測された星がいっしょに描かれている可能性があるんだそうです。 キトラ古墳 天文図は数百年前の星空か NHKニュース <キトラ古墳>…

磯田道史著「天災から日本史を読みなおす 先人に学ぶ防災」を読んだよ

磯田道史著「天災から日本史を読みなおす 先人に学ぶ防災」(2014年11月25日、中公新書)を読みましたよ。 もとは朝日新聞の連載だったそうです。 戦国時代も江戸時代も、いかに災害が国政と人々の暮らしに影響を与えたのかがよくわかりました。 それと岩手…

淡路島の石材メーカーの資材置き場から銅鐸7点が見つかる

淡路島の石材メーカーの砂を集めて置いてある資材置き場から銅鐸7点が見つかったんだそうです。 淡路島で銅鐸7点 集めた砂の中から発見 NHKニュース どこでどのように埋められていたのかが、いまのところわからないのが残念だなぁ。

安田政彦著「災害復興の日本史」を読んだよ

安田政彦著「災害復興の日本史」(2013年2月1日、吉川弘文館、歴史文化ライブラリー361)を読みましたよ。 最近のテレビのニュース番組とか観てると、冒頭からいきなり気象報道で大雨に警戒するように言っていたり、震災の報道とか、こんなにも災害に苦しん…

藤田覚著「近世の三大改革」を読んだよ

藤田覚著「近世の三大改革」(2002年3月25日、日本史リブレット48、山川出版社)を読みましたよ。 ブックレット大好き。(山川は「リブレット」と言うようですが) ちょっと気になることをざっくりでも理解できるし、ほとんどが参考文献も載ってるし、とても…

17世紀に星の衝突

17世紀にヨーロッパで観測されたはくちょう座の爆発は、「新星」ではなく、星同士の衝突だったんだそうです。 17世紀に出現した謎の天体、星の衝突だった | ナショナルジオグラフィック日本版サイト 1670年、71年に観測された記録が残っていること、それが30…

帝国書院「図説 日本史通覧」を買ったよ

黒田日出男(監修)帝国書院編集部(編集)「図説 日本史通覧」(2015年2月25日、帝国書院、大型本)を買いましたよ。 本屋でたまたま見かけて衝動買い。 「別冊付録」以外オールカラーで本体価格857円って安いですよね~。 写真、図表がふんだんに使われて…

320万年前のアウストラロピテクス・アフリカヌスは道具を使えたと考えられるらしい

320万年前のアウストラロピテクス・アフリカヌス(Australopithecus africanus、アフリカヌス猿人)の手は、道具の発明はできないが、道具をつかんで使用する能力があったことを示唆する構造を持っていたと考えられているそうです。 320万年前の猿人に「現人…

京都国立博物館「国宝 鳥獣戯画と高山寺」展に行ってきたよ

京都国立博物館「国宝 鳥獣戯画と高山寺」展に行ってきました。 すごい行列!! 朝9時、雨のなかを東大路通りを折れて北の方まで行列が続いていてびっくり。 結局、鳥獣戯画甲巻には12時すぎにやっと観ることができました。 平成知新館のオープン記念展「京…

Apple I、約9700万円で落札

Apple I が約9700万円で落札されたそうです。 アップル初代コンピューター、「史上最高」9700万円で落札 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News アップルのコンピューターってApple II で、どうして「II(2)からはじまるんだろう?」と思っていたんですが、Appl…

森郁夫著『柱』を読んだよ

森郁夫著『ものと人間の文化史163 柱』(2013年9月20日、法政大学出版局)を読みましたよ。 用語に不慣れすぎで、これはかなり難しかったなぁ。 柱が人間生活に密着していて、遺跡として柱の跡が見つかったりもするし、柱そのものが語る歴史ってものがあるん…

西本願寺で新撰組・土方歳三とのやりとりの記録がみつかる

西本願寺(浄土真宗本願寺派)が、幕末、西本願寺に駐屯した新撰組の土方歳三が、寺に活動資金500両を無心したり、宿舎の拡充を要求していたことを示す記録を発見したと発表したそうです。 土方歳三の苦悩生々しく 京都・西本願寺で新選組文書発見 : 京都新…

村上隆著『金・銀・銅の日本史』を読んだよ

村上隆著『金・銀・銅の日本史』(2007年7月20日、岩波新書)を読みましたよ。 これはとてもおもしろかった。 なによりも、古代の人の技術の高さに驚きました。 歴史に興味があるという人は、時代を問わず、必読の書だと思います。 ちなみに、著者は今年、三…

関テレがドラマ「どてらい男」の映像提供を呼びかけ

関テレがドラマ「どてらい男」の映像提供を呼びかけているそうです。 関テレが「どてらい男」映像提供呼び掛け - 芸能ニュース : nikkansports.com そっか、関テレのドラマだったんだ。 もうすごく大好きで観てましたよ。 きっとどこかで誰かが持ってたりす…

まりこふん著『古墳の歩き方』を読んだよ

まりこふん著『古墳の歩き方』(2014年5月2日、扶桑社)を読みましたよ。 「古墳めぐりに使えるガイド本」がコンセプトの本書。 前回読んだ「古墳ブック」と同じく、大きな写真で全国各地の見たこともない古墳が紹介されていて、まさに古墳にコーフンしてま…

まりこふん著 『まりこふんの古墳ブック』を読んだよ

まりこふん著 『まりこふんの古墳ブック』(2014年5月5日、山と渓谷社)を読みましたよ。 「古墳は可愛い」というスタンスの本で、なんだこれは(笑)と思いつつ買ったんだけど、失礼ながら意外と良かった。 とにかく写真がきれいでした。 古墳の種類を代表…

スペインで不吉な町名を変える、という話題

スペイン北部の小さな町、カストリージョ・マタフディオス(Castrillo Matajudios)が、住民投票で名前を変えることになったそうです。 カストリージョ・マタフディオス(Castrillo Matajudios)というのは、スペイン語で「ユダヤ人殺しの砦」を意味するんだ…

大森洋平著『考証要集 秘伝! NHK時代考証資料 』を読んだよ

大森洋平著『考証要集 秘伝! NHK時代考証資料 』(2013年12月10日、文春文庫)を読みましたよ。 50音順に並んでいて辞書っぽい構成。 ドラマの時代考証のため、モノ・言葉がいつ頃から使われていたのかを幅広い文献や伝聞をもとにまとめられていました。 「…

東寺に行ってきた

今週のお題「ゴールデンウィーク2014」 ということで、京都の東寺(教王護国寺)に行ってきました。 いつか行こうと思いつつ、なかなか行けてなかったんだよね~。 いやぁ、広かったわぁ。 仏像も迫力があってかっこよかったし、美しかった。 火事で焼けて修…

富岡製糸場が世界遺産に登録される見通し

富岡製糸場が6月にも世界遺産に登録される見通しとなったそうです。 富岡製糸場 世界遺産に登録の見通し NHKニュース おめでとうございます。 学校の授業でも習ったことがあるもんなぁ。 一時代の象徴であるのはたしかだよね。

河添房江著『唐物の文化史 舶来品からみた日本』を読んだよ

河添房江著『唐物の文化史 舶来品からみた日本』(2014年3月20日、岩波新書)を読みましたよ。 本書は、唐物、つまりは舶来品が日本の歴史のなかでどのように扱われ、描かれてきたのかが書かれています。 いつの時代も独占したい対象だったのかなぁ。 竹取物…

キリストは結婚していた?

キリストが妻について語ったとされるパピルス紙は、古代のものだということがわかったそうです。 キリストの「妻」記した紙片は古代のもの、年代測定で判明 米研究 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News で、キリストは結婚していたんじゃないかという話になる…

高田崇史著『軍神の血脈 楠木正成秘伝』を読んだよ

高田崇史著『軍神の血脈 楠木正成秘伝』(2013年4月19日、講談社)を読みましたよ。 楠木正成と特攻隊にまつわる歴史ミステリ。 本書での「事実」がわかって、なるほどなぁ、と感心しました。 「楠木正成」って、知ってるようで実はあんまりよく知らないなぁ…

宇治谷孟『日本書紀(上・下)全現代語訳』(講談社学術文庫)を読んだよ

宇治谷孟『日本書紀(上・下)全現代語訳』(講談社学術文庫、上・1988年6月10日、下・1988年8月10日)を読みましたよ。 いつか日本書紀を読んでみたいと思いつつ、古い言葉で書かれてるのはとてもじゃないけどしんどいし、躊躇してたんだけど、現代語訳なる…

三角縁神獣鏡を3Dプリンターで復元

三角縁神獣鏡を3Dプリンターで復元してみると、反射した光が鏡の裏に描かれた物と同じ文様を映し出す「魔鏡現象」と呼ばれる現象が起こることがわかったそうです。 三角縁神獣鏡に「魔鏡現象」 最新技術で判明 NHKニュース なるほど、3Dプリンターはこういう…