読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高田崇史「神の時空 -京の天命ー」を読んだよ

高田崇史「神の時空 -京の天命ー」 (2017年4月5日、講談社ノベルス)を読みましたよ。 この着想をやりたくてファンタジーのシリーズを作ったんじゃないのかなぁと思いました。 神社のことも、祀られている神様のことも、わからないことだらけ。 本当のとこ…

また合わないかも

読み始めた本、またおいらには合わない本かもしれないわぁ。 いろいろ読もうと思っていろいろ買うけど、たまに合わない本があるのは仕方ないこと。 ただ続くとへこむなぁ(苦笑)

田中啓文「シャーロック・ホームズたちの冒険」(創元推理文庫)を読んだよ

田中啓文「シャーロック・ホームズたちの冒険」(創元推理文庫)を読みましたよ。 本書は、ホームズ、忠臣蔵、ヒトラー、小泉八雲、ルパンをそれぞれ主人公としたミステリー短編集。 それぞれ印象深く、おもしろかったなぁ。 ホームズのは、ありそうでなかっ…

渡辺守順著「僧兵盛衰記」を読んだよ

渡辺守順著「僧兵盛衰記」(2017年1月1日、吉川弘文館)を読みましたよ。 中世の話を読んだり観たりすると、僧兵なるものがたびたびでてくるんだけど、どういった存在なのか、なぜ僧侶が武装しているのか、何を争い、誰と戦っているのか、ずっと疑問に思って…

高田崇史著「QED ~flumen~月夜見」を読んだよ

高田崇史著「QED ~flumen~月夜見」(2016月11年8日、講談社ノベルス)を読みましたよ。 シリーズ完結と言われていたので、「flumen」と外伝っぽいけど、新作がでたことがうれしい。 が、「伊勢」の話をすっかり忘れていて大変w 難しかったなぁ。 なんで昔の…

本の選び方

タイトルだけ読んで買った新書が、あまりにも自分とは肌が合わずに挫折。 もうちょっとちゃんと選んで買わないといけないなぁ、とまたまた反省。 タイトル、目次は必ず、著者のプロフィールや出版年、序文などは必要に応じて、確認しないとあかんですね。 タ…

堀埜浩二著「アイドルばかり聴け! J-POP 女性アイドル 30組200曲解説」を買ったよ

堀埜浩二著「アイドルばかり聴け! J-POP 女性アイドル 30組200曲解説」(2016年10月28日、ブリコルール・パブリッシング)を買いましたよ。 いつか「ももクロを聴け!」の続編がでるだろう、なんて思っていたら、こんなにも早く、しかもももクロと他の女性…

井上真偽著「恋と禁忌の述語論理」を読んだよ

井上真偽著「恋と禁忌の述語論理」(2015年1月7日、講談社ノベルス)を読みましたよ。 やっぱ2作読んだんで、デビュー作も読んでおかないと、ね。 数理論理学ってさっぱりわからん(^^; わからん、わからん、で、最後に驚いた。 やっぱ井上真偽さんすごい…

「連続テレビ小説 べっぴんさん Part1」を買ったよ

「連続テレビ小説 べっぴんさん Part1」(2016年9月26日、NHK出版)を買いましたよ。 読み過ぎると、本放送時におもしろくなくなりそうなので、そこそこの感じで読んでいますよ。 それにしても、芳根京子さんはお忙しいでしょうに、ブログをまめに更新されま…

今週のお題「プレゼントしたい本」

今週のお題「プレゼントしたい本」 いまのところの今年一番のおすすめは、「聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた」なんだけど、ミステリだし万人向けのプレゼントとはいかないかなぁ。 聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた (講談社ノベルス) 作者: 井上真…

月刊誌「ドラマ2016年9月号」を買ったよ

月刊誌「ドラマ2016年9月号」(2016年9月1日、映人社)を買いましたよ。 「特集 第34回向田邦子賞受賞」ということで、藤本有紀さんのインタビューが掲載されています。 一線を越えたインパクトは絶大だったと思いますw ちかえもん | NHK 木曜時代劇 ドラマ…

井上真偽著「聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた」を読んだよ

井上真偽著「聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた」(2016年7月6日、講談社ノベルス)を読みましたよ。 いやぁ、すごいわ!驚いた! 中盤からのシチュエーションの巧みさに驚きました。 前作以上におもしろかったです。 ぜひ! 聖女の毒杯 その可能性はすで…

本と言えば・・・

本と言えば、読んでいてもあんまり内容がわからないのもありますよね。 それでも、なんとか読んでみる。 で、何年か経ってから、改めて本の内容を思い出し、理解できたような気になることがあるかもしれない。 内容の評価は、頭の中でいったん保留みたいな。…

岡崎慎司著「未到 奇跡の一年」を読んだよ

岡崎慎司著「未到 奇跡の一年」(2016年6月20日、ベスト新書)を読みましたよ。 サッカー選手が1シーズン、どういうふうに考えて試合に臨んでいるのか、よくわかりました。 読んでると、一途なところが、だんだん切なくなってきてしまいましたよ。 岡崎選手…

大修館書店編集部「観るまえに読む大修館スポーツルール2016」を買ったよ

大修館書店編集部「観るまえに読む大修館スポーツルール2016」(2016年4月20日、大修館書店)を買いましたよ。 「最新スポーツルール百科2007」(大修館書店)を持ってたんだけど、そろそろ新しいのを持っておいてもいいように思ったので買いました。 オリン…

深水黎一郎著「倒叙の四季 破られたトリック」を読んだよ

深水黎一郎著「倒叙の四季 破られたトリック」(2016年4月6日、講談社ノベルス)を読みましたよ。 細部を描きすぎて、犯人のミスが際立ってしまっているように感じました。 倒叙の四季 破られたトリック (講談社ノベルス) 作者: 深水黎一郎 出版社/メーカー:…

最近見ないと思ったら・・・

雑誌「歴史読本」2015年秋で休刊になってたんですね・・・。 中経出版「歴史読本」 59年の歴史に幕を下ろす - ねとらぼ 別冊みたいなのが売っていて、それで出版社が変わっていたのにも気づいたという。 良い雑誌だったと思ってたんだけどなぁ。

平田オリザ著「下り坂をそろそろと下る」を読んだよ

平田オリザ著「下り坂をそろそろと下る」(2016年4月20日、講談社現代新書)を読みましたよ。 城崎や四国学院大学の事例がおもしろかった。 文化づくり、コミュニケーション教育って、進んでいるところは進んでいるんですね。 批判のための批判ではなく、何…

成田龍一著「近現代日本史と歴史学 書き替えられてきた過去」を読んだよ

成田龍一著「近現代日本史と歴史学 書き替えられてきた過去」(2012年2月25日、中公新書)を読みましたよ。 明治維新から現代にいたる近現代日本史の歴史学の学史。 5年前の震災のときから思っているのは、日本史には自然史が考慮されていない、ということ。…

堀埜浩二著「ももクロを聴け! ももいろクローバーZ 全134曲 完全解説」を買ったよ

堀埜浩二著「ももクロを聴け! ももいろクローバーZ 全134曲 完全解説」(2016年4月4日、ブリコルール・パブリッシング)を買いましたよ。 まだ全部読み切れてないんだけど、こういう本を待ってたんですよ、ももクロ楽曲解説。 この本はいったいいつ書き終わ…

日経トレンディ5月号臨時増刊「春の新生活」特集号を買ったよ

日経トレンディ5月号臨時増刊「春の新生活」特集号を買いましたよ。 ATMの「千」ボタンの使い方、はずれにくい靴紐の結び方、絡まないケーブルの巻き方、収納法ノウハウなどなど、裏ワザ140連発ということで、なんかみてるだけでも楽しくなりました。 日経ト…

佐江衆一著「五代友厚 士魂商才」を読んだよ

佐江衆一著「五代友厚 士魂商才」(2016年2月8日、ハルキ文庫)を読みましたよ。 五代の小説を読むのは3冊目。 こちらの本が一番冷静に「人となり」を描いているように思えました。 このまま大河ドラマの原作になりそう。 最後はちょっといかがなものかと思…

電子書籍の「自炊」代行業の禁止命令が確定

電子書籍の「自炊」代行業の禁止命令が確定したそうです。 電子書籍「自炊」 業者の代行に禁止命令確定 NHKニュース そういえば、電子書籍ってそんなに流行ってないような・・・。 電車の中とかでスマホなどで電子書籍らしきものを読んでる人って、そんなに…

ジュンク堂書店千日前店が3月21日に閉店へ

ジュンク堂書店千日前店が3月21日に閉店するんだそうです。 なんばのジュンク堂が3月21日閉店へ 「お客様に育てられた店舗」と店長 - なんば経済新聞 【新文化】 - ジュンク堂書店千日前店、3月21日閉店へ ジュンク堂書店 千日前店 |実店舗詳細 |丸善&ジュン…

織田作之助著「五代友厚」を読んだよ

織田作之助著「五代友厚」(2016年1月30日、河出文庫)を読みましたよ。 織田作之助さんの本を読むのははじめて。 夫婦善哉の著者ぐらいの知識しかなくって、どうして著者が五代友厚のことを書いてるのか疑問に思っていたんだけど、いやぁ、ほんとに著者は五…

西村京太郎著「一九四四年の大震災 東海道本線、生死の境」を読んだよ

西村京太郎著「一九四四年の大震災 東海道本線、生死の境」(2015年12月2日、小学館)を読みましたよ。 「十津川警部シリーズ」とあるものの、どう考えても違うだろうと思われるタイトルだったので、初期の著者の作品が好きだったので読んでみたくなったので…

2015年の書籍、雑誌の推定販売額は過去最大の落ち込み

2015年の書籍、雑誌の推定販売額は過去最大の落ち込みになっていたんだそうです。 とりわけ雑誌は大幅に減少していたんだそうです。 書籍・雑誌の販売額、過去最大の落ち込みに (読売新聞) - Yahoo!ニュース うちは雑誌はよく買うほうだなぁ。 そやけど、…

山田康弘著「つくられた縄文時代 日本文化の原像を探る」を読んだよ

山田康弘著「つくられた縄文時代 日本文化の原像を探る」(2015年11月25日、新潮選書)を読みましたよ。 序盤がとくにおもしろかった。 縄文と弥生を区分する根拠はあんまりないのかな。 つくられた縄文時代: 日本文化の原像を探る (新潮選書) 作者: 山田康…

担当編集者が無断で原稿を改変したため絶版

作家の谷津矢車氏の作品を、担当編集者が無断で原稿を改変していたことがわかったそうで、作品を絶版にするということがあったんだそうです。 KADOKAWAが小説発売中止 編集者が原稿を無断改変(1/2ページ) - 産経ニュース 小説執筆でもこんなことが…

髙橋直樹著「五代友厚 蒼海を越えた異端児」を読んだよ

髙橋直樹著「五代友厚 蒼海を越えた異端児」(2015年9月28日、潮文庫)を読みましたよ。 いやぁ、おもしろかった。 幕末も重要な役割を担っていたんですね。 ワイルドだったんだなぁ。 どこまでがフィクションなのかよくわからないので、もうちょっと違う本…

パズル雑誌で懸賞当選者数を水増し

パズル雑誌で懸賞当選者数が水増しされていたことがわかったそうです。 パズル雑誌のプレゼント 当選者水増し掲載 NHKニュース パズル雑誌で懸賞の当選者数を大幅水増し - ねとらぼ 何度か買ったことあるけど、そういえば懸賞には応募してなかったわ。

井上潤著「渋沢栄一 近代日本社会の創造者」を読んだよ

井上潤著「渋沢栄一 近代日本社会の創造者」(2012年3月20日、山川出版社、日本史リブレット人085)を読みましたよ。 教科書に載ってたし名前は知ってたけど、いまいちどんな人だったのかわからなかったので、「あさが来た」原案本に触発されて読んでみまし…

古川智映子著「小説 土佐堀川  広岡浅子の生涯」を読んだよ

古川智映子著「小説 土佐堀川 広岡浅子の生涯」2015年9月28日、潮文庫)を読みましたよ。 朝ドラ「あさが来た」の原案本。 いやぁ、おもしろかった。 広岡浅子さんはほんとうにすごかった人なんですね~。 幕末・維新の大阪の状況とか、経済的な側面とか、知…

著者に許可なく、語尾だけ変えた本が発売される

著者に許可なく、語尾だけ変えた本が発売されたそうです。 著者がネットで公表し、発売当日に回収されることになったようです。 「日本酒」本で著作権侵害騒動 出版社に対して「倫理観を疑います」と著者が激怒→発売当日に回収決定 - ねとらぼ パクリ本、拙…

井上真偽著「その可能性はすでに考えた」を読んだよ

井上真偽著「その可能性はすでに考えた」(2015年9月9日、講談社ノベルス)を読みましたよ。 過去に起こった事件の真相を明かそうとする推理合戦。 本作の探偵は、すべての可能性を論理的に否定し、この事件が奇蹟であることを証明しようとするという、なん…

磯田道史著「歴史の愉しみ方 忍者・合戦・幕末史に学ぶ」を読んだよ

磯田道史著「歴史の愉しみ方 忍者・合戦・幕末史に学ぶ」(2012年10月25日、中公新書)を読みましたよ。 古文書が読めるとこんなにいろいろわかるんだなぁと思いました。 古文書など実物を見て歴史を知るということが、おもしろおかしく書かれていて、ちょっ…

平田オリザ著「わかりあえないことから コミュニケーション能力とは何か」を読んだよ

平田オリザ著「わかりあえないことから コミュニケーション能力とは何か」(2012年10月20日、講談社現代新書)を読みましたよ。 あぁ、いかに自分に対話能力がないかがよくわかりました。 かなり昔読んだ「こんな幹部は辞表を書け」(PHP文庫)や「組織を動…

森博嗣「有限と微小のパン」を読んだよ

森博嗣「有限と微小のパン」(2001年11月15日、講談社文庫)を読みましたよ。 S&Mシリーズ全10冊の最後。 途中いろいろ違う本も読んでたので、やっと読み終わりました。 シリーズこれで終わりなの?という印象。 まぁ、これ以上大きな舞台もないかなぁ。 犀…

「戯曲 幕が上がる」 『平田オリザ』を読んだよ

「戯曲 幕が上がる」 『平田オリザ』(2015年5月30日、KAWADE夢ムック 文藝別冊)を読みましたよ。 ほんまに映画の続きという内容なんだね。 早いとこブルーレイで販売してくれないかなぁ。 平田オリザ (文藝別冊) 作者: 河出書房新社編集部 出版社/メーカー…

磯田道史著「天災から日本史を読みなおす 先人に学ぶ防災」を読んだよ

磯田道史著「天災から日本史を読みなおす 先人に学ぶ防災」(2014年11月25日、中公新書)を読みましたよ。 もとは朝日新聞の連載だったそうです。 戦国時代も江戸時代も、いかに災害が国政と人々の暮らしに影響を与えたのかがよくわかりました。 それと岩手…

紙の雑誌最終号「週刊アスキー」No.1030を買ったよ

紙の雑誌最終号「週刊アスキー」(No.1030、2015年6月9日)を買ってきましたよ。 次週からはアプリを使って購入し、読める「電子雑誌」のスタイルをとるんだそうです。 ううむ、電子書籍でさえ苦手なおいらには敷居がすごく高いなぁ。 で、紙の雑誌の最終号…

安田政彦著「災害復興の日本史」を読んだよ

安田政彦著「災害復興の日本史」(2013年2月1日、吉川弘文館、歴史文化ライブラリー361)を読みましたよ。 最近のテレビのニュース番組とか観てると、冒頭からいきなり気象報道で大雨に警戒するように言っていたり、震災の報道とか、こんなにも災害に苦しん…

藤田覚著「近世の三大改革」を読んだよ

藤田覚著「近世の三大改革」(2002年3月25日、日本史リブレット48、山川出版社)を読みましたよ。 ブックレット大好き。(山川は「リブレット」と言うようですが) ちょっと気になることをざっくりでも理解できるし、ほとんどが参考文献も載ってるし、とても…

雑誌「週刊アスキー」が休刊、WEBに移行へ

雑誌「週刊アスキー」が5月26日発売号で休刊することになったそうです。 で、WEBの「週アスPLUS」を「週刊アスキー」と改名するんだそうです。 「週刊アスキー」5月末で印刷版は休刊へ 以降はネット/デジタルに完全移行 - ねとらぼ 週刊アスキーよりお知ら…

帝国書院「図説 日本史通覧」を買ったよ

黒田日出男(監修)帝国書院編集部(編集)「図説 日本史通覧」(2015年2月25日、帝国書院、大型本)を買いましたよ。 本屋でたまたま見かけて衝動買い。 「別冊付録」以外オールカラーで本体価格857円って安いですよね~。 写真、図表がふんだんに使われて…

CICLISSIMO(チクリッシモ)No.44 を買ったよ

CICLISSIMO(チクリッシモ)No.44 4月号増刊(2015年3月6日、八重洲出版)を買いましたよ。 別冊付録「顔写真&選手名索引付き 保存版 プロチームガイド&選手名鑑 2015」が欲しくて。 とくに今年はチーム名もたくさん変わったように思っていて、この別冊が…

今江祥智さんが亡くなられる

児童文学の今江祥智さんが亡くなられたそうです。 児童文学作家の今江祥智さん死去 NHKニュース 訃報:今江祥智さん83歳=児童文学作家、「ぼんぼん」 - 毎日新聞 「優しさごっこ」「冬の光」は親元を離れてから読みましたよ。 心よりご冥福をお祈りいたし…

チャンネルNECOで、映画「偉大なる、しゅららぼん」を観たよ

チャンネルNECOで、映画「偉大なる、しゅららぼん」を観ましたよ。 結構ハデな場面が多いので、映像化するのは大変だろうなぁと思っていたんだけど、いまのCG技術はすごいね。 原作読んだのはもうだいぶ前だけど、原作の雰囲気にはラスト以外あってたんじゃ…

ドイツのヴァイツゼッカー元大統領が亡くなられる

ドイツの元大統領ヴァイツゼッカー(Richard Karl Freiherr von Weizsäcker)さんが亡くなられたそうです。 ドイツのワイツゼッカー元大統領死去 NHKニュース 学生時代にふと本屋さんでみかけて読んだ「荒れ野の40年―ウァイツゼッカー大統領演説全文 1985年5…

平田オリザ著「幕が上がる」を読んだよ

平田オリザ著「幕が上がる」(講談社文庫、2014年12月12日)を読みましたよ。 ももクロがやる映画の原作ということで興味を持って読んでみました。 これ、むっちゃ良い話ですよね。 手をあげるところはしびれたわ。 音楽聴いたり、演技を見たりして、どうし…